みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

自分の仕事

 新年度が始まり、各地で新入社員だなんだと騒ぐ時期になった。今年は残念なことに4月になっても肌寒く、桜の開花もまだ物足りない感じが続いている。どうやら今年が遅いのではなく、ここ数年が早かっただけらしい。

 昨年末に仕事を転職し、気が付けば4ヶ月。学生時代にアルバイトで培った経験があるとは言え、正社員として入社した故に、立場も責任も丸っきり違う生活に、苦戦する日々が続く。

 今やらないといけない仕事、他人から回される仕事、急ぎではないけど長い目で見て必要な仕事。自分がやりたい仕事、やりたくない仕事というのは多種多様に存在する。

 転職前の職場で、直属の上司から、勤務最終日に優しく言われた。

「君は、自分がやりたくない仕事が与えられると、露骨に態度に出るのが良くないから、転職したらそこに気を付けるといいですよ。」

 気付いていたか。実はわざとやっていたんです、なんて口に出せるわけがない。やりたくない仕事をポーカーフェイスでこなすなんて、機械じゃあるまいし。嫌なものには嫌だという姿勢は見せておきたいという、子供みたいなわがままだった。

 しかし、上司に言われた時に気づかされた。ここは社会という組織なんだ。その社会に嫌なものを与えてくるのは当然の場所なんだと。その時は、苦笑いしながら気を付けますと一礼した。

 転職して、周囲の支えがあって何とか4ヶ月やってきた。自分の中ではがむしゃらにやってきたつもりだった。嫌な仕事が与えられても、とにかく必死に、嫌な顔を見せずにやってきたつもりだ。

 今日、入社して4ヶ月経って、言われた。

「嫌なら嫌って言ってもいいんだよ。」

 そんなこと言ったら、嫌な事ばっかりだよ。と心の中のちゃぶ台がひっくり返っているけど、笑顔で大丈夫ですと答えた自分に今日は拍手を送りたい。