みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

本日公開の『相棒-劇場版IV-』を鑑賞してきたよ!そのレビュー!

こんばんは、ひかしゃです。

公開初日に、相棒の映画を見てきたよ!ー相棒-劇場版IV-

 

相棒シリーズは飛び飛びながらシリーズを見てたんだけどね、前シリーズからの相棒反町隆史さんの時からちゃんと見始めた!

そんなわけで初映画館での鑑賞!

 

映画チラシ 相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 水谷豊

 

 

 

ストーリー 9/10点

相棒シリーズ特有のストーリーの濃さ。

もうね、ほんとに脚本家さんステキ抱いて!って感じのシナリオでした。

今回は、予告などでも銘打っている「切ない」話だった。

 

構成 7/10点

相棒特有の伏線ね。

また今回も「あ、そうくる!?」っていう伏線ががっつりでした。

 

演出 10/10点

主人公の水谷豊、そして相棒の反町隆史

うーん、いい味出してるね!

個人的には脳筋満載の亀山君がベストパートナーな感じだけど(笑)

 

そんな中で、今回のキーパーソンに鹿賀丈史さんを起用したのはGJ!

最高だよ、水谷さんと鹿賀さんのツーショットとか最高だよ。

 

www.daily.co.jp

 

音楽 9/10点

相棒の音楽といえば、池頼広さん。

今回も絶妙な音楽が映画本編とマッチしてた。

劇場版は劇場版専用のBGMだったみたい。

 

相棒 シーズン14 オープニング・テーマ オリジナルヴァージョン

相棒 シーズン14 オープニング・テーマ オリジナルヴァージョン

  • 池 頼広
  • サウンドトラック
  • ¥250

 

エンターテイメント 7/10点

今回は本当にシリアスな内容なんだよね。

しかもテーマ自体も重い感じ。

そんななかでも、伊丹さんと米沢さんのホッコリ感。

 

「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)

 

二人がいなかったら重苦しい雰囲気が続いてた気がする。

 

印象 9/10点

今回で4作目。

前々作ぐらいで、映画で官房長(岸部一徳)がなくなったのもあったし、ドラマと連動かと思ったけど、それなりに連動してたけど連動してない感じだった。

 

あと、再三いうけど「テーマが重い」。

 

独創性 7/10点

相棒ワールドを全開にしている感じかと思ったけど、テロリストがー、化学兵器がー、で映画でしかできないレベルのぶっ放しな感じ。

あれれー?の世界と似始めてきた…?

 

関心度 8/10点

相棒を見ている人は必見。見てない人は、是非ともドラマを見てほしい。

あと地味に前回の徹子の部屋が面白かった。

 

その他 6/10点

それにしても、今後甲斐さん(石坂浩二)はどうなるんだろ…。

もうね、オジサマ好きな人にはもってこいのドラマよ!

 

総合 8/10点

相棒サイコー!!!(劇場から出た人の感想)

 

合計 80/100点

 

相棒特有の政治的駆け引きがひどすぎる。

あの世界の政治家全員無能の極み過ぎるだろ。

その分役者さんがとにかく色を出しまくってるんだけどね。

 

今シリーズも面白いです!

 

おわりっ。