みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

ちょっとイラっとしたからお話させてください

Twitterもブログもネガティブなことを書かないと決めている

品川祐

 

こんばんは、ひかしゃです。

昔、何かの番組でお笑い芸人(映画監督)の品川祐さんが言っていた言葉がとても印象的でした。

MCの「ブログが人気になる秘訣は?」の問いが、「ネガティブなことを言わない」ということで。

一時期あった、南海キャンディーズの山ちゃんとのネット炎上騒動でも、同様のことを言っていたので、やっぱりブログではネガティブなことを書かないことを信条としているみたいで。

 

僕には僕の信条で、

 

「たとえブログだろうと、思い立ったが吉日」

 

なんでね。

そんなわけで、少し愚痴らせてください。

 

なんか様々な事象にイライラする

なんでこんなことを急に書こうとしたかというとね、まぁ見出しのとおり。

調子の浮き沈みってのはやっぱり起こると思うんだけど、何か一つ一つの出来事に対してイライラが発生する。

原因は俺なのか?いや、俺が原因じゃないと勝手に思い込みたい。

 

非建設的な会議が延々と続いた

ビックリした。

会議が長い、とにかく長い。

しかも結論はほとんど出かかっているのに、なぜか進まない。

こちらとしては別の仕事が溜まっているのに…なぜだ…。

まぁ向こうとしては『そんなの知ったこっちゃない』だろうけど。

 

相手の性格がマッチしない

性格の問題。こればかりはどうしようもない。

どうしようもない…のか…?

相手のお気楽な性格に、何かイライラとしてくる。

俺の仕事に対するプライドが高すぎるのか?

 

相手の冗談らしい皮肉が一つ一つ気になる

相手は会話のキャッチボールをしたいのかわからない。

冗談を言いたいのか、皮肉を言いたいのか、それを俺に言って俺が喜ぶと思ったのか?

分からない、本当にわからない。

 

そういう日だと割り切るしかない

昔から、人の言動一つ一つが気になる。もちろんブログのブコメも含めて。

けど、そんな言動一つ一つを気にして、対応してたら心がクシャってなるよ、って教えてもらったことがある。

そういう時はあっけらかんに「今日はこういう日!」と思い込んじゃえ。

 

それができたら苦労しないよ!

まぁ、そういわれてもねぇ、って話。

自己啓発本や、メンタル本なんかを読んでみても同じことばっかり。

そういう風に思えないから本を読んでるんだよ、って思って自己啓発本の薄さに気付いたのが20歳前後。むしろその辺りで気づいてよかったのかも。

 

ストレス発散がしたい

野球が見たい

このシーズンになると最大のストレス発散である、プロ野球観戦がない。

しかも高校野球もないし、野球というスポーツ自体がオフシーズンなのが残念。

 

ゲームがしたい

そういえば、任天堂から新しいゲーム機が出ることが発表されましたね。

 

 

 

買おう。最近いいゲームにめぐり合わせてない気がする。

20代でまだゲームとは、と思われるかもしれないけど、ストレス発散には丁度いい。

最近1日1時間という小学生みたいなルールでやるのが一番楽しいんだと気づいた。

 

でも願望なので、本を読むことにした

最近は気分が乗らない日はとにかく本を読むことにした。

歴史解説書やら、小説やら、ビジネス書やら。

何かを学ぼうとかじゃなくて、頭空っぽにしてとにかく文字を目で追う事が楽しい。

本から何か学んだ?っていう人がいるけど、別に学ばなくてもいいと思う。

それがストレス発散になるんだから。

 

まとめ!今回は頭空っぽにして文字を打ってみました

全然着地点がわからないでしょ?

今回の結論としては、

 

「なーんにも考えずにとにかく文字を打ってみればそれがストレス発散になるのかなー。」

 

って思ったからそれを実践してみただけ。

実際やってみると、案外面白い。

けどブログにやるものかといわれると答えは?かな。

 

たまにはいいのかしら。自己満足だしいいか。

 

頭を「空っぽ」にする技術 (Nanaブックス)

頭を「空っぽ」にする技術 (Nanaブックス)

  • 作者: 藤井義彦,ルビーデザイン
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2010/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

おわりっ!