みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

2016シーズンのプロ野球が終了。日ハム戦も広島戦も見に行ったもんね!

ウイイイイイイイイイイイイ↑ッス!どうも、ひかしゃで~す!

 

日本シリーズが終了し、ついに2016年シーズンが終了。

長い長い2016年シーズンが終了しましたな。

 

 

今シーズンの観戦は、OP戦含めて9試合。

シーズン成績は3勝4敗と、負け越し。

まぁ最下位のチームで3勝を見に行けたのは大きいのかもしれないよね。

オープン戦を含めると4勝4敗1分と勝率5割。

結構観戦成績悪くないな、俺。

 

日本ハムは大谷のチーム?いや、栗山のチーム!

なんと面白いことに、2016年シーズンは中日vs日ハムの試合を2試合も見に行けたんだぜ!リーグが違うのに…。

 

hikashamk5.hatenablog.com

hikashamk5.hatenablog.com

 

日ハム戦で1勝1敗だから、実質日本一みたいなもんだな(錯乱)

 

日ハムというと、やはり出てくるのが二刀流大谷。

f:id:hikashamk5:20160315215013j:plain

f:id:hikashamk5:20160620144158g:plain

日ハム=大谷というのが、イメージ定着してる感じだよね。

 

でもさ、ぶっちゃけ栗山監督がいなきゃ大谷もここまで成長できなかったと思うの。

f:id:hikashamk5:20161030120310j:plain

選手一人一人を尊敬し、愛しているのがわかる栗山監督。

そのタクトは、卓越したものではないだろうか。

 

例えば、昨日の日本一を決める試合でも、中田翔選手の打席時に、ネクストに大谷選手を置く。

結局四球で出た中田翔選手の次に出したのは、バース投手。

そのバース投手は適時打を放つ。

9回は、大谷選手を出すのではなく、谷元選手を出す。

その指揮はまさに、名将の姿ではないだろうか。

 

メディアが、大谷のチームにしたいのはわかるけどさ。

でもやっぱり栗山監督がいないと今の日本ハムは成り立たなかったと思うのね。

 

11月26日のファンフェスタに行ってきます☆

11月26日にナゴヤドームで行われるファンフェスタに行ってきます。

ファンクラブのポイントで交換できたんだ☆

何するのかよくわかってないけど。

 

来シーズンは何回観戦に行けるか…。

今シーズンよりも来シーズンは観戦に行きづらそう。

仕事が忙しくなりそうだし、有給休暇取りづらそうだし。

地元の年1開催の試合は見に行きたいなぁ。

 

野球は楽しいぞ!

今シーズンの試合を見て(特に日本シリーズ)思ったのは、野球ってやっぱり面白いな、って。

人気が低迷したといわれている昨今、大谷が出てきて、黒田が出てきて…。

何がが楽しいっていうと言語にしづらいけど、見ているものを魅了させる一つ一つのプレーがあって…。

思う以上に任期は低迷してないよ、プロ野球

 

さて、シーズンオフ。

中日ドラゴンズは、FA権を持っている平田・大島両選手の動向が気になるところ。

二人とも残留を願ってます。

 

じゃ、まったのー。イェッ。