みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

小牧山城に登ってきた!いつの時代も上を支えてきたのは下っ端なんだぞ!

ウイイイイイイイイイイイイ↑ッス!どうも、ひかしゃで~す!

 

小牧山城跡へ行って来たよ!

 

現在は標高86メートルの小さな山となっている小牧山

その頂上には歴史館があるので、それを目指して登頂。

 

…いい景色だけど、これを登るのか。

f:id:hikashamk5:20160718204443j:plain

景色はもう夏ですよね。

どうやらこの日に東海地方も梅雨明けを発表された模様。

でも僕はこの緑と青が栄える姿は素敵だと思ってます。

 

なんだかんだ(感覚的に)30分ぐらい歩いて、頂上の歴史館へ。

f:id:hikashamk5:20160718204332j:plain

f:id:hikashamk5:20160718204347j:plain

 

小牧山城は元々、織田信長が美濃の齊藤攻めをする際に使用したとされる城。

元々あった清洲城より美濃に近いから小牧山城へ移転したとされている織田信長の躍進を左右する重要なお城。

岐阜城(当時は稲葉山城)が奪取できたので、信長は岐阜城へ移転してしまった。

それと同時に廃城。

と思ったら、小牧・長久手の戦いで家康が小牧山に目をつけ、拠点として利用したという再利用された逸話を持つ面白い地形。

 

頂上の景色は圧巻でした。

f:id:hikashamk5:20160718204409j:plain

県営名古屋空港が見えた。

なんか小牧城にいたおっちゃんが「MRJ4号機が見えるぞ!」ってめっちゃ騒いでた。

全然知らんからよく分からんのだけど、知ってる人にとってはすごいことらしい。

 

ちなみに僕はナゴヤドームが見えたことが嬉しかったです(小並感)

f:id:hikashamk5:20160718204432j:plain

 

山城って言うのは本当に本当に登るのがしんどい…。

しかも体力不足が最近気になっていたので、少し坂を登っただけで息切れ…。

こりゃ本格的に運動しないと。

 

でもこういった山城も当時の戦国時代は奪取しないといけなかったわけで。

それをするのは紛れもなく足軽たちだと考えると、やっぱり偉い人を支えるのは足軽などの下っ端なのかな、って思ったり。

俺たちももう一度頑張る必要があるね、って友達と話してました。

 

さてさて、小牧山城はどうやらゆるキャラがいるそうです。

f:id:hikashamk5:20160718204439j:plain

 

こまき山動くんか!笑

会ってみたかったけど、さすがにセンスが…。

 

ちなみにすっごいアツかったので、この日の昼ご飯は冷麦にしました。

 

f:id:hikashamk5:20160718210349j:plain

 

じゃ、まったのー。イェッ。