読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカを見てきた。シンプルなのか、複雑なのか…。見応え有!【ネタバレ有】

ウイイイイイイイイイイイイ↑ッス!どうも、ひかしゃで~す!

 

昨日、特に予定も無い休日だったので、現在公開中の

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

を見てきた!

 

アート・オブ・シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(MARVEL)

 

marvel.disney.co.jp

 


「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」日本版新予告

 

 

ストーリー 7/10点

 

大体こんな感じ。

スターク「俺らへの世論の風当たりが強杉内。」

キャップ「すまん、またミスったンゴwwwwww」

スターク「最悪の状況を脱出する、苦肉の策があるんや。」

キャップ「次の標的、ワイの旧友にされたんや。対策とか後や!」

スターク「とりあえず対策をしようや…。」

キャップ「旧友を助けたいんや。」

スターク「オレ、オマエ、トモダチ。」

キャップ「すまんな。」アタマボコー

スターク「ワイが間違っとった。すまんな。」

キャップ「ええんやで。」

(*^◯^*)「この映像を見てほしいんだ!」旧友、スタークの両親ボコー映像

スターク「絶対に許さない。」

キャップ「もうアイツは歯止めが利かん。」フルボッコー

スターク「」

キャップ「なんかあったら連絡してくれや。」

どっちが悪いって言われると、どっちも悪い気がするんだよなぁ…。 

 

構成 7/10点

 

洋画特有のシンプルさを併せつつ、各キャラクターの苦悩を描いていく複雑性を見せていく感じ。

特に今回は、毎回傲慢で上から目線大先生のトニー・スタークが大人。

時折見せる皮肉っぷりは毎度御馴染みだけどね。

 

演出 10/10点

なんといっても、今回は『Civil War』という、内戦を示す言葉が指すとおり、ヒーロー同士の戦いがアツい!

CMでやってるシーンはまさに見もの。

あと、新登場のスパイダーマンとアントマンが良い味出してる!

 

音楽 7/10点

なんかさ、EXILEのATSUSHIさんが歌った曲がテーマ曲になったらしいじゃん?

けど、本編流れたか?

 

いつかきっと・・・

いつかきっと・・・

  • EXILE ATSUSHI
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そんなに気にしてなかったのか、流れていないのか。

とりあえず、謎のタイアップだったよね。

サントラは洋画普通に良い曲ばかりで、今回のその類です。

 

エンターテイメント 10/10点

アメコミヒーロー集結みたいなお祭り感あるしね。

洋画はクソ映画か良映画の二択みたいなところあるから多少はね?

 

印象 10/10点

ヒーローであるキャラクターが内戦するんだから、そらもうテンション上がるわな。

悟空とルフィがぶん殴りあってるようなもんかな?

…それはゲームで出たか。

 

Jスターズ ビクトリーVS(特典なし)

Jスターズ ビクトリーVS(特典なし)

 

 

独創性 7/10点

日本もやってほしいよね、こういうクロスストーリーみたいなの!

とはいってもスケールが違うし、やっぱり無理か。

 

アメリカだからこそ出来たことなのかもね。

 

関心度 7/10点

次はスパイダーマン続編がラストに出てくる。

…僕、アメイジングスパイダーマン2見てないんだ。

それよりも『アベンジャーズ/インフィニティウォー』はよ。

 

その他 8/10点

ロバートダウニーJr.カッコいいよ、ロバートダウニーJr.

 

hikashamk5.hatenablog.com

 

総合 8/10点

合計 81/100点

どの人もこの人もカッコいいんだよ、ホント。

やっぱりロバートダウニーJr.は外せないけどね!

ぜひとも、他のマーベル映画を見てからこの映画を見て欲しいですね!

 

おわりっ。