みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

残業って…なんだろう(哲学)

どうも、こんばんは。

 

旬のトピックが「実録・残業列伝」ということで、今日はその内容。

 

トピック「残業」について


残業列伝、ってなんか『俺はこんなに残業したんだぞ、すごいだろ!』みたいな感じにならない?

日本の残業制度はどうかと思うけどね、ホントに!

 

f:id:hikashamk5:20151014131458j:plain

 

社会人になって半年が経過し、何となく自分がやらないといけないことが分かってきた最近。

入った業種が業種なだけに、入社前は色んな人から

 

「ブラック通り超えて漆黒の業種だぞ」

 

なんて言われてた。

いざ入社してみると、残業は1ヶ月に1時間あるかないかレベルだし、完全週休二日の祝日も休みだし、休憩時間もきっちり1時間取らせてくれるし。

1ヶ月の給与が大卒と思えないぐらい安いのがネックだけど、個人的には御の字かと。

 

残業とは無縁な生活を送っている身としては、「月に100時間残業ってなんぞ」って感じ。

だって、平日9時から5時までの就業で、毎日9時まで残業したとして4時間残業。

それが平日20日あったとして、4時間×20日=80時間。

これでも100時間に到達しないのに、100時間残業って修行じゃないんだから。

 

いやー、そんな会社入ったら辛いッスわー、なんて思ってた。

そんなこと言ってたら、とあるニュースを目にして目が点になった。

 

news.tbs.co.jp

 

会社の社員数が減り業務が増えたことなどから、2013年にはほとんど自宅に帰ることができなくなり、1日の休みもなく365日連続で勤務を続けたということです。 (中略) この間の残業時間は1か月で257時間に及ぶこともありましたが、残業代は一切支払われていなかったということです。

 

このニュース読んだとき、一周廻って経営者は天才だと思ったね。

残業時間257時間って、30日で割ったら、1日8.5~8.6時間。

8時から出勤して、5時が定時だとしたら、そのあと深夜の1時半まで仕事を毎日する。

そんなことをさせたら、辞める辞めないという発想を生ませないわけでしょ?

365日仕事させるってことは、その間に転職活動をさせないわけでしょ?

あわよくば、ブラックな体質を労基に言いに行く事すらできないわけでしょ?

 

「だんだん、考える時間もなく精神的におかしくなっていったのかなと思う。許せないという気持ちが一番強く、こういう事例が、僕みたいな人を1人でも減らせればという気持ちで訴訟をしようと決断しました」(裁判を起こした男性)

 

裁判を起こした男性も同様のこと言ってるわけだし。

やっぱり天才じゃん、経営者。

 

これで一番驚くのは、こういうニュースが頻発する中で、まったくもって解消しようとしない企業。

今回も、どうやら会社が倒産するわけでもなく、業務停止になるわけでもなく、だれも逮捕者が出ているわけでもないらしい。

そんなのじゃ治るわけないよね。

 

「残業がないホワイトな会社に入りたい!」なんて妄想をする人達がいるけど、今の世の中で残業が無い会社=基本給しかもらえないのなんて、一人で生活するだけで精一杯な世の中。

養っていこうなんて思うのなら、残業が無いと生活苦に陥る。

何とも歯がゆい世の中だこと。

 

やっぱり世俗を離れて生活をするしか方法はないのか…出家するしかないな!

 

f:id:hikashamk5:20151014131516j:plain

 

おわりっ。