みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

利休を超えた織部展in熱田神宮宝物館に行ってきた

どうも、こんばんは。

 

10月になりましたね。

朝晩は寒いくせに、昼になると暑い。

なんつーか、過ごしやすいような過ごしにくいような季節ですね。

 

俺(10月なんか行きたい所があったんだけどなぁ・・・。)

 

f:id:hikashamk5:20151004150927j:plain

 

どこに行きたかったのかを思い出せずまま、10月になってしまった。

思い出したら行こう、とか思ってたんですわ。

 

kamkamkamyu.hatenablog.com

 

これだった!!!

 

織部没後400年記念の展示会が巡回してて、10月は熱田神宮宝物館で展示されることになっていたのを、ブログを見て思い出したwww

(行きたいとか思ってるくせに、割と大事じゃないのか忘れてた…)

 

そんなわけで、行ってきましたよ、熱田神宮

 

f:id:hikashamk5:20151004151008j:plain

 

あれ?俺、この前熱田神宮来たよな…?(ブログ見たら、5月に熱田神宮に来てた)

俺、熱田神宮大好きマンかな?

 

hikashamk5.hatenablog.com

 

って言うか中国人多すぎだろJK

 

なんか中国は今大型連休(国慶節)らしい。

それでか。

 

そう思うと、前回来た時は友達が厄払いしに来てたんだよな。

俺、今思ったけど早生まれだから、来年厄年だった。御祓いどこでやってもらおう。

 

でも、今回の目的はあくまで、織部展!

 

f:id:hikashamk5:20151004151342j:plain

 

展示に関しては写真撮影禁止なので、まぁその辺はご愛嬌。

でもめちゃくちゃたくさん展示してあった。

 

へうげもの』の織部と同じような顔をしながら展示を見て回ってた。

 

f:id:hikashamk5:20151004151902j:plain

f:id:hikashamk5:20150621152011j:plain

f:id:hikashamk5:20150621152014j:plain

 

こんな顔をしながら(もちろん無言で)回ってた。

周りの人みんなご老人ばっかりだった中で、23歳浮いてたかもしれない。

けど気にしない。

 

そんな中、

 

おっさんA「こんな茶碗ワシでも作れるわ!」

おっさんB「この掛け軸、読めんな!」

 

お前等のせいで雰囲気ぶち壊しだよ!

 

f:id:hikashamk5:20151004152606j:plain

 

思ってても言うなよ。

しかも宝物館の展示室、美術館レベルの静寂な環境だぞ?

お前等の度胸がすげーよ。

 

そんなことがありながらも、約1時間半ほどグルグルと回って展示を鑑賞。

いやぁ、やっぱり器のゆがみが乙ですよ。

 

時折『へうげもの』の元ネタになるようなモノがあった。

あと、近衛信尹の手紙とかあって、テンションあがった。カリたべなきゃ。

 

楽しかった、というより一人でテンション上がってた。

ちなみに僕は前売り券を買ってから行ったので、500円のところ450円で行きました。

 

でもね、そこで売ってた本を買っちゃった☆

 

戦国武将と茶の湯

戦国武将と茶の湯

 

 

この本と、あと織部袱紗。

…2つ買っただけで5000円したとか大きな声じゃ言えない。

 

とっても有意義な時間を過ごしましたとさ。

皆さんも余裕があれば是非行ってみては?

 

へうげもの(1)

へうげもの(1)

 

 

おわりっ。