読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

キャラソンに関することを書いたら予想外に多くの反応が来た話

アニゲラ

どうも、こんばんは。

 

先日、響け!ユーフォニアムの高坂さんキャラソンに関する記事を書いてみたわけですよ。

心響プロジェクターマジ名曲!

 

hikashamk5.hatenablog.com

 

1週間ほど前に書いた記事なのに、今更になってジワジワとブックマーク数が増えていく。

仕事の昼休みに、iPhoneのアプリを開いてみたらこれですよ。

 

もしかして長門のキャラソンについて書いたのが炎上したのかΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

f:id:hikashamk5:20150327134451j:plain

 

と、昼休みにドキドキが止まらない。

恐る恐るブックマークを開いてみると

 

キャラソンに対しての意見

 

がたくさんで、炎上じゃなかった。ヨカッタヨ…。

そんな中でも非常に面白い意見が多かったので、改めて記事にしてみた。

 

まずは、"キャラソン"に対する考え方。

 

そもそも自身の心情を歌うというのが、キャラクター問わず不自然だよなと思う。心の中を素直に歌うとか、自身の紹介みたいな歌って特殊だと思う。特殊なジャンルを一人物として設定されたキャラクターが歌う変さ。 

 

確かにキャラソンに対する"変さ"、"不自然さ"の言いたいことはすごい分かる。

と言うかこういう感じを文章にしたかった感がある。

 

キャラソンって「キャラとして歌ってる」か「キャラのことを歌ってる」、もしくはその両方を満たしてるものだと思ってる。 

 

キャラソンの定義として一番シンプルで分かりやすいのかもしれない。

(最近は)イメージソングなんて言葉もあるぐらいですし。

 

正直キャラソン文化だけはいまいち理解しきれない。歌手でもアイドルでもないキャラが歌うのが世界観的にどうなのよと思ってしまう。

 

世界観的にどうなのよ、と思うのは少なくないと思う。

僕は前回の記事にも書いたけれども、声優が歌ってるので満足してます。

 

次に、"声優"から見たキャラソンの考え方。

 

早見沙織のキャラソンは殆どの作品を1秒も見たことないけど、早見沙織の歌としてようつべで聞きまくってるので、歌がよければキャラ設定とかどうでもいい派。 

 

案外はやみんのキャラソンを聞いたことがなかった。

歌唱力に定評のあるはやみん。こんばんはやみん♪

 

茅原実里がキャラ声で歌ってない問題。ミルキィのエリーとかおとなしめのキャラはキャラソンになった時に大変そうなので「歌うときだけ元気になる設定」を付加しておきたい  

 

"歌うときだけ元気になる"設定は確かにいるかも。

大人しめキャラはその設定をつけたほうがキャラソンビジネス的にはいいのかな。

 

茅原実里長門の時のイメージでずっと言われるけど、最近はそうでもないので今だに言ってる奴は普段キャラソン聴いてないので無視してよい。 // キャラに寄せすぎたせいで曲としてダメになることもあるので一長一短 

 

確かにみのりんの最近はキャラソンはいい塩梅になってると思う。

特に境界の彼方の栗山さん(c.v.種田梨沙)とのデュエット曲はガチでいい!

 

"キャラに寄せすぎたせいで曲としてダメになることもあるので一長一短"

 

コレは本当にあると思う!

 

「雪、無音、窓辺にて」は、キャライメージガン無視とは思えんな。むしろ、これぞキャラソンって思うわ

 

あの曲の賛否両論はやっぱりあるんだと思う。

イメージガン無視ならあんなセリフは入れたくないだろうし。

 

次に、"シンフォギア"について。

 

3期目になったシンフォギアは、キャラが中の人にどんどん近付いているのがイイ!狙いまくっているのが逆に清々しい!その上ライブは、歌の上手い声優の曲を聞いて盛り上がる集会になっているのが良い! 

 

分かる、すっごい分かる!

狙ってる、と言うかすごいよね!

 

途中まで読んで、「つまりシンフォギア万歳ってことですね」って書こうとしたらすでに書かれていた。ただ、シンフォギアはアフレコで歌ってるので、「感情の乗ってる劇中の歌い方の方がよかった」問題が発生する。 

 

シンフォギアの良い所であり、悪い所でもある気がする。

でも、俺はどっちもいいと思うんだよね!

 

f:id:hikashamk5:20150804222516j:plain

 

最後に、過去の"キャラソン"について。

 

阿知賀編の憧&穏乃キャラソンはそういう意味ではとてもとても素晴らしかったと思うのです。  

亞里亞でトラウマを受けてからというもの、何でも許せるようになりました。 

どっちかというと「お前今歌ってる場合か?」って立場のキャラのキャラソンの方がツッコミ入れたくなる。ディーン版Fateのキャラソンとか。 

関智のキャラソンが好き 特にスネ夫 

ヒイロ・ユイのキャラソンは衝撃だった。 

 

色々と出てくるねぇ!

ちなみにどれも聞いたことがないので、「あの曲ね!」といえないのが残念。

 

しかしながらキャラソン記事でこれだけの意見が出るとは。

なかなか個人的に良い問題提起ができたな!←

 

ブックマークしてくださった方、意見をくださった方、ありがとうございました!

 

おわりっ。