読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

どこぞのアニメや漫画でもそんなに誇張表現しない事をやってのけたドイツ軍人がいたのを君は知っているだろうか。

雑記

どうも、こんばんは。

 

先日『永遠の0』がテレビ放送されてたのをパソコンしながら流し見てた。

映像めっちゃ綺麗だった。

あ、今日はそれを書くための記事じゃないんだ。

 

そんなこの映画の主人公は、めっちゃ飛行機運転が上手いと言う設定だった。

飛行運転上手い人って画になるなぁ、とか思ったんですよ。

 

そんなに第二次大戦の事、詳しいわけじゃないんだけども、第二次大戦で一番強烈な印象を与えられたパイロットがボクにもいるんですよ。

 

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

 

である。

 

f:id:hikashamk5:20150731213415j:plain

 

この男、ドイツの空軍パイロット。

ドイツ軍人と言えばこの人が出てくる。あと、シュトロハイム

 

f:id:hikashamk5:20150731215633j:plain

 

ルーデルはとにかく戦績がすごい。

 

戦績

出撃回数 2530回(内、Fw190FやFw190D-9での出撃が430回ある)

被撃墜回数 30回

戦闘による負傷 5回

ソ連軍によってかけられた賞金10万ルーブル(現在の日本円にして、およそ5000万~1億円)

 

戦果

戦車 519輌(この数は戦車部隊一個軍団を撃滅したのに相当する)

装甲車・トラック 800台以上

火砲(100mm口径以上) 150門以上

装甲列車 4両

戦艦 1隻(マラート)(ルーデルの爆撃によって2番主砲塔より前部(一番主砲塔・艦橋・一番煙突含む)を失い大破着底。マラートはこの後も残った砲を用いて戦闘に参加するも、ドイツ軍地上部隊からの砲撃もあって1942年末までにすべての主砲を下ろし半ば放棄されている。終戦後数年を経て浮揚・修理された)

嚮導駆逐艦 1隻

駆逐艦 1隻

上陸用舟艇 70隻以上

航空機 9機(戦闘機 2、爆撃機 5、その他 2。9機のうち1機はJu87G型の37mm砲によって撃墜されたものである)

 

※ルーデルは仲間たちの評価を上げるために、自らの戦果を他人の戦果として申告させていたという。

 

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル - Wikipedia

 

はいこれね、数字だけ見ると「えっ?」ってなるでしょ?

ここよく見て。

 

"この数は戦車部隊一個軍団を撃滅したのに相当する”

 

一人で一個軍団撃滅レベルとか漫画でも描かないんですけどもwwwwww

漫画で描くとしてももチート級の出来をしているわけでして。

 

結局永遠の0で主人公宮部は特攻志願して戦死してしまったけども、ルーデルは戦後も生き残り、1982年まで生きてるんですよね。普通に生きてるwww

 

シュトロハイムさんもビックリのルーデル。

僕はどっちのドイツ軍人も好きですよ。

 

f:id:hikashamk5:20150731223814j:plain

 

急降下爆撃 (学研M文庫)

急降下爆撃 (学研M文庫)

 

 

おわりっ。