みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

信長の、いや日本の最高峰の城がここにあったのかと思う浪漫~日本100名城巡りin滋賀編~

どうも、こんばんは。

 

滋賀の城巡り記事も遂にラスト!

最後は、信長の集大成ともいえる安土城址!(と観音寺城)

 

まずはですね、全く写真に撮ってないけども、観音寺城のスタンプ押し。

どこにあるのかよく分からないけど、とりあえず探して押した。

スタンプだけ押してオシマイという事態。

うーん、これでいいのだろうかと思ったけども、1つは1つですしね!

 

そんな観音寺城をさっさと済ませ、安土城へ。

安土城址は5時30分閉門の中、信長の館は4時半に閉館なので、先に信長の館へ。

 

外観はこんな感じの小さめの会館的なものなんだけども。

 

f:id:hikashamk5:20150712170200j:plain

 

中はすごかった!!!

 

なんと驚くことに、中のものには著作権が存在するので(って言うか大体あるんだるなぁ)、インターネット上にアップするのはできません。

中には安土城の復元天守があった。

それに加えて、家康を饗応したとされる供物一覧もあったり。

 

f:id:hikashamk5:20150712171808j:plain

 

これの時に出した料理ね。

ちなみに南国フルーツ盛りはありませんでした(笑)

 

さて、その後、安土城址へ。

 

f:id:hikashamk5:20150712171912j:plain

 

これが…あの信長公が総結集させて造った城の址か。

 

f:id:hikashamk5:20150712172120j:plain

 

さぁ登ろう、と覚悟を決めた。

 

f:id:hikashamk5:20150712172411j:plain

 

この階段を見た瞬間、

 

f:id:hikashamk5:20150712171546j:plain

 

いや、ちょっと待ってwwwwww

 

ハンパ無い階段数と急勾配だった。

辛い、もうホンマに辛い。

 

辛いけども、死ぬ気で登った。

途中で秀吉邸址や利家邸址があったり。

f:id:hikashamk5:20150712173830j:plain

f:id:hikashamk5:20150712173840j:plain

 

そして辿り着いた二の丸には信長廟。

 

f:id:hikashamk5:20150712172503j:plain

 

頑張った甲斐があるとはこのことだ。

サンキューノッブ。

 

更に歩いていくと、本丸跡へ。

 

f:id:hikashamk5:20150712172708j:plain

 

この上にさらに先ほどの天守台が建っていたと考えるとハンパねぇ!

って言うか重機とかない時代にそれだからさらにすげぇ!

 

とりあえず、やっておいた。

 

f:id:hikashamk5:20150712173121j:plain

 

俺はまだ雷を受けておらん。

まだまだ昇るぞ。

 

楽しいwwwホントに楽しいwwwwwww

 

そんな感じで天下人になりそこなった信長の気持ちを全開に味わってみた。

 

滋賀の城巡りは以上!

ホンマに楽しかった!

 

おわりっ。

 

おわりっ。