読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

国宝彦根城は壮大だった。全体的にとにかく"壮大" 前編~日本100名城巡りin滋賀編~

城巡り

どうも、こんばんは。

 

今回は、先日の小谷城に続き、次は国宝彦根城へと向かったお話。

 

hikashamk5.hatenablog.com

 

実は自分が小さい頃に国宝既に全部回っているそうだけども、正直記憶が無い。

前回の犬山城に続き、今回は国宝のお城2城目です。

 

彦根城に入る前に、お昼ご飯を食べたけども、お昼に関してはまた別記事にて。

市営駐車場に車を停め、いざ彦根城内へ。

 

どうやら、普通は表門から入るらしいのだけども、何を思ってか大手門から入った。

 

石垣もかなり綺麗に保存されてる。

 

f:id:hikashamk5:20150712134305j:plain

f:id:hikashamk5:20150712134525j:plain

 

彦根城関ヶ原の戦い以降に作られてるお城と言うのは有名なお話。

サンキュー井伊家。

 

大手門側から天守へ向かう道。

 

f:id:hikashamk5:20150712134704j:plain

 

ちょっときつくないですかね!?

 

いやぁ、男二人で汗をダクダクにかきながら、歩いたよ。偉い。

そんな道を乗り越えると、徐々にゴールに近づいていく感じが!

 

廊下橋と天秤櫓。

 

f:id:hikashamk5:20150712134856j:plain

f:id:hikashamk5:20150712135041j:plain

 

そしてそれを乗り越えて、見えたのが!天守

 

f:id:hikashamk5:20150712135154j:plain

 

犬山の時の天守もなかなかに感動したけども、彦根は彦根で感動する!

ちなみに上は横からの写真で、下は正面からの写真。

 

f:id:hikashamk5:20150712135305j:plain

 

うーん!ロマンの塊とはまさにこのことですよね!

 

ではでは、天守の中へ突入!

天守の中は犬山城同様、とにかく階段が急勾配過ぎて怖い!

アレは幼児高齢者は大変そう…。

とか言う自分も、あまりの急勾配に怖すぎて天守内の写真を撮り忘れましたw

 

唯一撮った写真がコレ。

 

f:id:hikashamk5:20150712135446j:plain

 

YAZAWAに見えない!?

 

f:id:hikashamk5:20150712135723j:plain

 

そんなアホみたいなお話はさておき、そのまま表門側へ降りていく。

続いて、彦根城博物館へ突入。

 

 

進んでいくと…

リ ア ル 赤 備 え だ !

 

f:id:hikashamk5:20150712135852j:plain

 

うおおおおおお!!!!!

 

f:id:hikashamk5:20150712140133p:plain

 

男二人、博物館内ではしゃぐ。

 

博物館後半戦からは、明日の記事で続きを書くね!

分ける意味?そうだなぁ、少しでも更新する頻度に貢献したいからかな!

 

つづくっ。