読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

"いじめ"なんて言葉をこの世から消すべきである

時事

どうも、こんばんは。

 

今日はちょっとだけ真面目に書いてみようかと。

先日、ニュースで取り上げられていた中学校2年生の男子生徒がいじめが原因で自殺したとされる問題。

 

news.yahoo.co.jp

 

どうやら毎日学校に提出するノートに、自分の気持ちを吐露していたそうで。

それを担任が気にせず、何の対処もしなかったとされている。

これが実際のノートの内容。

f:id:hikashamk5:20150708202939j:plain

まぁ、学校の先生なんてそんなものでしょうね。

絶対に読んでないだろうし、読んだとしても一部分を取り上げて、その部分の感想だけ述べておけば、ハイ、おしまい。

アレの存在価値が全く分からないけど、不要ですよ。

それに、中学校2年生と言えば多感な時期。

担任も「"w"とかついてるし、また何か言ってるよ…」ぐらいで済ましたのかもしれない。

 

本当に焦点を当てないといけないのは、いじめをしていた加害者達である。

人が一人死んでいることに対して、「死んじゃった。可哀想。」で済ませていいのだろうか。

人が死ぬことに対して、可哀想な気持ちになるのは至極全うではないのだろうか。

父親が「悔しい。学校の対応はおかしい。」と思うのはまだ分かる。

それを取り上げて、「学校の職務怠慢だ!担任が全部悪い!」みたいな報道をしているのはおかしいと思う。

 

それから今日のニュースで被害者の祖父が「こんなことがわかっていたら学校に行かせなかった。」とか言ってた。

それね、事後だから言える事ね。

少なくとも学校に行きたくないというSOSを家族にも見せていたと思う。

それに対して「学校に行けば、そんな気持ち無くなる。」とか意味不明な精神論を振りかざしているのは紛れもない大人だからな?

結果論で「行かせてなかった。」とか「おかしいでしょ。」と言う以前に、自分たちにも非があったことをもちろん分かっててそれを言ってるんだよね?

 

色々言ったけど、根本的な部分は、

 

いじめている人間は自殺教唆罪という正式な犯罪を犯している

 

ということである。

しかも今回に関しては被害者が「殴られたり、蹴られたり」していたと残している限り、それは暴行罪になるのではないだろうか。

それを一括りにして"いじめ"なんて簡単な言葉で済ませていいのだろうか。

と言うか、"いじめ"では無くてきちんとした犯罪として処理するべきではないだろうか。

 

お前等は意地汚い犯罪者である

 

という事をきちんと言うべきである。

 

しかも、

  町教委などによると、同校は7日、全校生徒(約450人)を対象にいじめを見聞きしていないかについて記名式のアンケートを実施したという。

 とか書いてあるけど、ニュースで普通に「殴られたり、蹴られたりされてました。」って言ってる子達いましたよ?

担任が100パーセント悪いのではなくて、学校の体質も少し気になるよね。

 

この件を含め、いじめを風化させてはいけない、とか言うが、風化させるのではなくて真実を明るみにさせることが大切なのではないだろうか。

それから、大人の対応の意地汚さと事後処理過ぎる部分が露呈している所が随所に見られて、なんか違う意味で感情が入ってしまった。

 

以上、気になったニュースを取り上げてみました!

 

おわりっ。