みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

おすすめ漫画を10冊紹介します!本当に思いつきの10冊!

どうも、こんばんは。

 

今回はかなりブログに時間をかけることが出来たので、長引きそう!

久々に長く書こうかな!

長いって言っても3000字程度だけども。

 

先日、と言ってもだいぶ前だけども人気ブロガーに成り上がったリア友が漫画ランキングを挙げておりましてね。

 

hitode99.hatenablog.com

 

それを見たときに「俺もいつかやろ。」とか思ったわけですよ。

 

ただね、そいつ111冊もランキング挙げてるんだよねwwwどんだけwww

さすがに111冊もランキング挙げれるぐらい漫画を読んだ記憶が無いので、逆に厳選します。

 

自分の性格上、一回単行本を買ったら全部収集するのがポリシーでしてね。

買って、途中まで読んで購入を断念した単行本は片手で数えれる程度だと思う。

 

そんな中で、全巻揃えた、もしくは全巻揃えている作品を10冊ご紹介します。

俺が面白いと思ったものをただひたすら挙げていくだけの記事だけど何か問題でも?

 

まずは、おすすめランキング!

 

10位 ムダヅモ無き改革 / 大和田秀樹

 

ムダヅモ無き改革 (近代麻雀コミックス)

ムダヅモ無き改革 (近代麻雀コミックス)

 

 

麻雀×政治をホンマにすごい書き方してる。

尖閣諸島編とかマジで中国と民主党に怒られても文句言えないレベル。

…中国と民主党以外にも喧嘩打ってるけども。

 

ただアソーさんだけはリアル麻生さんも同じことしそうwww

 

f:id:hikashamk5:20150704202801j:plain

 

なんだかんだ面白いので現在も購読中。

 

9位 クロスボーンガンダムシリーズ / 長谷川裕一

 

 

ガンダムシリーズより。

そろそろアニメ化も視野に入れるべきであろう作品。

まさかの現在既刊中のゴーストが初期黒本を巻数超えすることになろうとは…。

個人的には初期黒本が一番好き。

X1はヌルヌル動いたら絶対にカッコいいと思う。

 

ただガンダム動物園の奴、てめーらはダメだ。

 

f:id:hikashamk5:20150704202616j:plain

 

文章内容センス高すぎwwwwww

ただ送られてきたら腹立つけど。

 

8位 おじさんとマシュマロ / 音井れこ丸

 

おじさんとマシュマロ

おじさんとマシュマロ

 

 

pixivで大人気だった作品が漫画化。

pixivで音井さんをフォローしてて、1から全部見てました!(古参の感想)

おじさんが可愛いという稀有な作品。

おじさんは天使。

 

7位 アホガール / ヒロユキ

 

アホガール(1) (講談社コミックス)

アホガール(1) (講談社コミックス)

 

 

言っておくがこの作品、酷いほどにアホである。

 

何がアホって出てくる奴らがたいていアホだし、ストーリーもアホ。

一時期のマガジンのオアシス的存在の漫画だった模様。

どうして別冊マガジンに行ったんだ!

現在マガジンは生徒会役員共一興になってしまったじゃないか。

いや、マガジン別に読んでないけども。

 

6位 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン / さびしうろあき 他

 

 

あの、あの名作がついに漫画に戻ってきた。

戻ってきたというか、ついに漫画化に近い。

映画でやった逆襲のシャアではなく、ベルトーチカ・チルドレンを漫画化している。
アムロとシャアのラストバトルを漫画で見れるとは。

でも僕はHi-νガンダムよりも、νガンダムの方が好き。

あとナイチンゲールよりもサザビー派。

じゃあ映画版逆襲のシャアでいいじゃないか!というツッコミは無し。

ハゲが死んだら、ベルトーチカ・チルドレンを映画化してほしい気持ちもあるっちゃある。


5位 ドカベンシリーズ / 水島新司

 

ドカベン (スーパースターズ編1) (少年チャンピオン・コミックス)

ドカベン (スーパースターズ編1) (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

現在、水島御大のラストを飾るといわれているドリームトーナメント編が発刊中のドカベンシリーズ。

プロ野球編でパ・リーグがあれだけ取り上げられて、あんな無双出来る人たちがいたらプロ野球さらに盛り上がったんだろうな、と思ってみたり。

なんだかんだ山田太郎は4割打ったことが無い。

あと、スーパースターズ編で、山田を引き立たせるために微笑が凡退の雨あられになってたのはつらい。

 

f:id:hikashamk5:20150704203331j:plain

 

ドリームトーナメントではいつか微笑と山田のHR合戦してほしい。

 

4位 ワイルド・アダプター / 峰倉かずや

 

WILD ADAPTER: 1 (ZERO-SUMコミックス)

WILD ADAPTER: 1 (ZERO-SUMコミックス)

 

 

峰倉かずや作品の一つ。

基本的に、人外との戦いだけども身近に人外が出てきちゃった☆みたいな話。

カッコいい人が出てきて、銃ぶっ放して、カッコいいという話で満足。

峰倉作品の男性は基本的にカッコいいから仕方がない。


3位 名探偵コナン / 青山 剛昌

 

 

彼らの時間を考えると1日2件の事故が起こっていると想定される作品。

基本的には殺人事件だけど、めちゃくちゃたまにあるホッコリする作品が好き。

そろそろ終盤に向かうのかと思いきや、いきなり緋色シリーズ始まったのは驚いた。

そろそろヒロインをはっきりさせよう。

ハンガーが殺害の動機になることだってあるということを教えてくれる。

 

2位 へうげもの / 山田 芳裕

 

へうげもの(1) (モーニング KC)

へうげもの(1) (モーニング KC)

 

 

俺が城めぐりにはまった作品でもあり、色んなものに目覚めた作品でもある。

織部は偉大。

戦国時代がもともと好きだった中で、この男の生き様がまたあほみたいに面白い。

つまりアホ。

現在クライマックスに突入中。

まだまだ数寄で一笑を得ていく織部の姿に尊敬するで候。

 

1位 最遊記シリーズ / 峰倉かずや

 

文庫版 最遊記 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
 

 

前述の峰倉かずや先生の代表作。

男しか出てこないせいで腐女子歓喜作品だと思われがちだが、その通りである。

もちろん出てくるキャラクターがかっこいいので、男性にもそれなりに人気がある。

が、それなりである。

ちなみに最近文庫版が出たらしい。

 

コナンとか多分忘れてる話あるからもう一回読み直すかな。

って言うかリスト挙げたやつ、全部まだ連載中だwwwwww

 

おわりっ。