読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

この時期は浜崎あゆみの曲がしみる

音楽

どうも、こんばんは。

 

6月も半ばになって、もうすぐ夏です。

ちなみに立夏は5月6日なので、暦の上ではすでに夏です。

梅雨が終われば、暦の上だけでなく、気持ち的にも夏が到来するわけなんですが、

 

夏と言えば海!海と言えば彼女!

 

そんな僕には彼女がいません!!!クソッタレ!!!

 

f:id:hikashamk5:20150617193629p:plain

 

そんな独り身な僕の気持ちを代弁してくれているのが、浜崎あゆみの曲だと思うんですよ。

 

f:id:hikashamk5:20150617193948j:plain

 

って言っても、今の浜崎あゆみの曲はほとんど知らなくて、06年以前ぐらいの曲ね。

中学校3年生の時に、当時好きだった子が好きだったが故にハマってしまってね。

 

彼女の魅力はなんなのかと言えば、とにかく『歌詞』がいい。

 

全てはきっとこの手にある 決められた未来もいらない(Fly High)

 

カッケー!

一番ピークの時にこの言葉を放ってやりてぇ。

 

自由を右手に愛なら左手に 抱えて歩こう 時にはつまづきながら(UNITE!)

 

サラリとこんな遊戯王カードみたいなことを言っちゃうアレ。

 

f:id:hikashamk5:20150617194149j:plain

 

始まりはワケもなく始まり、終わりは必ず理由を持つ(M)

 

タモリも絶賛したとされる歌詞。

こんな感じの歌詞が続くあゆの歌詞はやっぱり素敵やん?

 

まぁ他にも色々と紹介したい歌詞はあるんだけども、なぜ夏になると浜崎あゆみの曲がしみるのか、と言うとですね

 

Far awayと言う夏の失恋ソングがしみる

 

んですよね。

 


浜崎あゆみ / Far away - YouTube

 

この曲のラストの

 

もうすぐで夏が来るよ あなた無しの

 

このフレーズね、やーばい。

何がやばいって、「夏前に独り身になる辛さ」が最後のフレーズで全開になってる辺り。

是非とも皆さん聞いてくださいよ。

 

あー、彼女が欲しい(切実)

 

それが言いたかっただけ!

 

おわりっ。