読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

上ノ郷城と伊奈城に行って、1日4城回ったことになるよね

歴史 城巡り

どうも、こんばんは。

 

先日の安祥城・西尾城に続いて蒲郡の上ノ郷城跡と、豊川の伊奈城址に行って来た。

 

hikashamk5.hatenablog.com

  

西尾から23号バイパス(岡崎バイパス)を使って行けば、そんなに遠くなく。

ただ23号を降りた瞬間に「どこ?」ってなる罠。

 

上ノ郷城の入り口(?)にある、赤日子神社。

f:id:hikashamk5:20150524153523j:plain

どうやら日曜日と1日15日しか扉を開けないらしい。

行ったのが土曜日なので残念。

 

神社横には立て看板。

f:id:hikashamk5:20150524153500j:plain

かなり細かく書いてあるけど、地図が地味に読みづらいと言う。

地図を読むのが下手なだけ…?

 

何とか到着した上ノ郷城跡。

f:id:hikashamk5:20150524152237j:plain

なんだかんだきちんと看板で遠くから見ても分かるようになってたwww

コレなら分かりやすい!とか思ったけど、ちょっと歩くと手前のビニールハウス等々で見えなくなると言う。

 

登っていくと、土塁があった。

f:id:hikashamk5:20150524153851j:plain

f:id:hikashamk5:20150524153804j:plain

土塁の上には記念碑が立っていた。

残念ながら読めなかったけど。

 

さっきの看板が立っていた場所はこんな感じで平地になっている。

f:id:hikashamk5:20150524153914j:plain

中央部を見てもらうと分かるのだが、少し盛り上がっている。

ココには石が敷き詰められており、一段高い状態になっている。

 

こんな感じで。

f:id:hikashamk5:20150524154330j:plain

多分当時からこのような状態になっていた方が良いのではないかと。

かなりきちんと敷き詰められていて、きっちりしている。

 

この上に上がる途中にも石が詰んである。

f:id:hikashamk5:20150524154559j:plain

なんと言っても状態が非常に良い。

「コレはこのままこういう状態になっていたのだ」と言うのが非常によく分かる。

 

さて、ココまでが上ノ郷城。

次は場所を豊川に移して、伊奈城址へ。

 

伊奈城址公園。

f:id:hikashamk5:20150524155348j:plain

伊奈城は徳川家の家紋の三つ葉葵の由来になったとされるエピソードがあるらしい。

まったくまったく話題にならないけど…。

 

伊奈城址も広場になってる。

f:id:hikashamk5:20150524160035j:plain

こちらは『公園』と言ってるぐらいだしね。

ただカラスが多い…笑

 

模擬櫓。

f:id:hikashamk5:20150524160111j:plain

なお蜘蛛の巣があちこちにある模様。

なんか中に入れるっぽいけど、コレって入れるときあるのか?

 

そして石積み。

f:id:hikashamk5:20150524160331j:plain

ココだけ異様に石で詰んであった。

この辺だけ残してあるのかな…。

 

こんな感じで、安祥城や西尾城に比べて見通りはするけども、とても浪漫溢れる城址でしたね。

今回は写真多めで文章控えめ。

まぁいいか。

 

来週は静岡駿府再びを計画中。

 

おわりっ。