読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

本多忠勝が好きなら、パッパとジッジが戦死した『安祥城址』に行くべきだぞ!

どうも、こんばんは。

 

今回、日本100名城でも日本どまんなかお城スタンプラリーにも当てはまらない西三河のお城を巡ってきた。

まずは『安祥城(あんしょうじょう)』へ。

 

 

安祥城は安城にあるお城で、織田軍と今川軍が何度も戦ったことで知られるお城。

地理的に考えれば岡崎城那古屋城や古渡城の間にあると考えれば、ココが何度も戦場になるのも妥当なのか。

ちなみに清洲同盟で信長と家康が同盟を結んだことにより、三河尾張の間に戦線になる事がなくなったので廃城されたとのこと。

その後、小牧長久手の戦いでもう一回戦になるんやで。

 

現在安祥城は本丸などは無く、遺構がちょこちょこ残っている程度。

安祥城址には現在大乗寺が建っている。

f:id:hikashamk5:20150523213640j:plain

後述するが、大乗寺があったところに本丸があったらしい。

 

少し奥に行くと、安祥城址の石碑が建ってる。

f:id:hikashamk5:20150523215818j:plain

 

いきなりドーンって立ってるけど、全体図的にはこんな感じ。

f:id:hikashamk5:20150523220003j:plain

花が咲いてて結構綺麗だった。

良いアングルで撮れてると思うんだ、この写真(自画自賛)

 

さらっと碑が建っているけど、歴史を調べると結構面白い。

戦国最強と言われた本多忠勝の祖父、本多忠豊がこの地で戦死している。

そして忠勝の父、忠高もこの地で戦死している。

 

忠勝好きなら絶対来るべきじゃないか!?

 

大乗寺の山門には『安祥山』と書かれたものが。

f:id:hikashamk5:20150523220134j:plain

平山城なので、安祥山なのか。

こういうちょっとしたところですら気になるよね。

 

こちらが本堂。

f:id:hikashamk5:20150523220502j:plain

ココに本丸が建っていたらしい。

ちなみに本丸はあったが天守は無いそうで。

天守を作っても何度も戦があってボロボロになりそうだしね。

 

大乗寺下には、土塁が残っている。

f:id:hikashamk5:20150523220907j:plain

f:id:hikashamk5:20150523221046j:plain

ちょっとした高さの土塁なのだが、あると無いでは大きく違うし、唐突に凹凸が出てくると思うと当時の努力を垣間見える。

この土塁の隣は舗装されたコンクリート道路だけど、当時は絶対舗装なんてされてないだろうし、絶対歩けないと思う。

 

こちらが二の丸跡に建てられている東尾八幡社。

f:id:hikashamk5:20150523221059j:plain

由緒を見たらどうやら安祥城があった時から建っていたらしい。

そう思うとすごいよね、歴史あるよね。

 

なんだかんだ、本多氏にゆかりの地であることが判明してしまったわけで。

こんな感じで写真をめっちゃ撮ってたら、史跡探索ツアーの人たちがいた。

なんか周囲は20人ぐらいいるのに、俺だけ一人…。

 

って言うかツアーなんか組まれてるんだな!

 

 この後、安城から西尾へ向かいます。

 

つづくっ!