読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

ゴールデンウィーク終わった日にゴールデンウィークの話をするマン

今週のお題

どうも、こんばんは。

 

前回の犬山大垣の流れから、今回の岐阜旅行のメインである「織部の里もとす」への旅行レポよん。

今回は歴史と言うより私的な楽しみの為に行ったんで今週のお題ゴールデンウィーク2015」に付け加えさせていただきますよん。

 

 大垣から樽見鉄道に揺られて織部駅まで。

大垣駅に来る樽見鉄道

f:id:hikashamk5:20150505235242j:plain

 1両編成とか田舎かよォ!

とかdisろうとしたら、地元豊橋に1両編成の電車が街中走ってた。田舎だった。

 

織部駅を降りるとすぐ右手に見える道の駅織部の里もとす。

f:id:hikashamk5:20150505235413j:plain

駅の風景から見て分かるとおり、クッソ田舎!

いわゆる「懐かしい風景」が広がっているわけですよね。

 

織部の故郷を巡る人多いみたいで駅にこんなマップが載ってた。

f:id:hikashamk5:20150505235520j:plain

この通りに歩けば1日つぶせそうなのですごいテンション上がった。

 

まずは道の駅と逆方向に歩いていく。

上記のマップの通りに歩いていくと見つけたのが、山口城主館跡石碑。

f:id:hikashamk5:20150505235721j:plain

コレ結構アップして撮ったけど、遠くから見るとこんな感じ↓

f:id:hikashamk5:20150505235816j:plain

金網のせいで分かりづらいッ!

押していくのか押して行くわけじゃないのかちょっと分からなかったですね。

しかもさ、金網ならまだワンチャン見えるじゃん?

駅から見える館跡がさ…

f:id:hikashamk5:20150506000458j:plain

完全に林になってるやんけ!!!

こうやって見ると「ここに館がホントにあったの!?」ってなるんですよね。

そういうところが歴史の面白いところ。整備すればいいのに(ボソッ)

 

その後、古田家ゆかりの寺とされる祐国寺。

f:id:hikashamk5:20150505235937j:plain

コレだけ見ると普通のお寺なんだけどさ、寺門をくぐって右側を見ると…

f:id:hikashamk5:20150506000358j:plain

f:id:hikashamk5:20150506000417j:plain

庭すげーーー!!!wwwwww

なんか寺の財力がすごいのか、織部の地元だからわざとこうしているのか分からないぐらいすごい庭があったよ。

 

さぁ、そして道の駅織部の里もとすに戻ります。

ちなみに公式サイトはこちら。ー道の駅 織部の里もとす|トップページ|

 

織部の里もとすの代表的な建造物である山門。

f:id:hikashamk5:20150506000803j:plain

かなり綺麗だったけど、写真に入りきらないぐらいデカかった。

日光と直線で結ぶ結果になってしまったので左上に自分の指が写ってしまった(苦笑)

 

隣にある織部展示館の中へ入る。

まず見えるのがこの織部の緑をふんだんに使ったこいつ。

f:id:hikashamk5:20150506001125j:plain

この中にある

お茶を

信長さまは酒となし

秀吉さまは見せ物となし

家康さまは薬となされた

と言うのには非常に感服した。

そしてこの像。

f:id:hikashamk5:20150505235645j:plain

織部こんな感じだったのかね。

古田織部にテンションがハンパなく上がる。

展示館には普通に茶室が飾ってあったり

f:id:hikashamk5:20150506001431j:plain

f:id:hikashamk5:20150506001447j:plain

お客さんがほとんどいなかったので色んな角度から撮れた。幸せ。

その後この展示館の事務所的な部分で織部焼き体験をした。

3週間ぐらい前に予約しておいたんで、結構ドキドキしてた。

 

ちなみに集中して体験をしていたせいで、肝心の写真を1枚も撮らないと言う大失態wwwwww

 

1時間ぐらいの体験を済ませ、次は山口城址に登ることを決意。

 

決意ってなんやねん、って思うでしょ?

山口城址はこの山の上にあるんですよ。

f:id:hikashamk5:20150506001520j:plain

そら覚悟が必要ですね。

 

この山のふもとにある文殊の森公園へたどり着く。

f:id:hikashamk5:20150506001807j:plain

ちなみにここまでで30分ほど歩きましたねえぇ。

さぁ登るぞー、と覚悟を決めて登山道に向かうと…

f:id:hikashamk5:20150506001909j:plain

えっ、なんで閉まってんの…(絶望)

 

と言うことで、なぜか登山が出来ず、何も出来ずに引き返す事態。

ウォーキングしに行っただけだからね(震え声)

 

仕方がなくそのまま帰ることに。

別記事にて記述するけどこの後も予定が詰まっていたので…。

で、電車の時間を調べてみると

 

次の電車が来るの1時間半後だってよ

 

はあああぁぁぁ!!!???

田舎かよおおおぉぉぉ!!!

 

と言うことで、1時間半も余裕があるなら、と織部駅から次の本巣駅まで歩いてみた。

 

案外1駅歩くの遠いわwww

 

ホンマ辛い。

何とか本巣駅まで歩いて無料休憩所で一休み。

時間が定刻通りに来たのでそれに揺られて大垣駅まで帰る。

f:id:hikashamk5:20150506004946j:plain

 

大垣駅からはJRで豊橋まで直通でだいぶ楽だった。

なんだかんだ寝過ごしたりする怖さがあったから寝なかったけど。

 

そんな感じで岐阜旅行でした。

また体験した器が自宅に届いたらアップします(笑)

 

おわりっ。