読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

1日に2城巡る幸せ感

どうも、こんばんは。

 

先日の有楽苑に続いて、(ほぼ)隣接する国宝の犬山城へ登城してきた。

 

hikashamk5.hatenablog.com

 

なんだかんだ記憶が無いぐらい小さいときに行った時以来だったので実質初。

 

犬山城入り口から見える天守

f:id:hikashamk5:20150505214259j:plain

GWだからね、人結構いるんだろうなぁとか思った。

 

確かにいるけど、予想以上に空いてる

 

ちょっとだけ並んだけど、まぁまぁスムーズに天守の中に入れた。

とかいいながら待ってるときに余裕を持ってこんな写真が撮れるというね。

f:id:hikashamk5:20150505215157j:plain

内部は木造で今まで見た城とは確かに違う。

f:id:hikashamk5:20150505215238j:plain

特にコンクリート造りの城を見に行ったことが多いので、ホントに木造の城を見るとなんか古いはずなのに新鮮。

 

天守から見た犬山城下。

f:id:hikashamk5:20150505215440j:plain

 天気が良かったので景色が非常に良い。

遠くまで見えるかと思ったけど、案外遠くは見えないものだね。

 

後ろは木曾川が流れて断崖絶壁。

f:id:hikashamk5:20150505215827j:plain

そう思うと背水の陣になってしまう可能性もね。

地元の吉田城も後ろは豊川だから、なんとなく共通点を感じた。

 

そして犬山城を正面に。

f:id:hikashamk5:20150505220332j:plain

そう思うとここに豊臣秀吉が来てここで徳川家康とにらみ合ってたと考えると歴史的にはアツいよね。

 

と言うわけで、犬山を後にして、宿泊予定の大垣へ移動しますよー。

 

名鉄で岐阜まで移動し、JRに乗り換えて大垣へ。

初の大垣に降り立って、とにかく南下する。

すると見えてくる石案内。

f:id:hikashamk5:20150505221432j:plain

テンション上がってくるーーー!!!

すぐ右を見ると

f:id:hikashamk5:20150505221505j:plain

 

すぐそこに見えるやん!

 

すげー、商店街からすぐそこwwwwww

って言うか割と雑wwwwww

 

f:id:hikashamk5:20150505221649j:plain

 

大垣城どかーんって感じ。

でも先ほどの犬山城が木造主体に対して、大垣は完全にコンクリート造り。

でもね、うん楽しい。

 

天守から見える上ってきた道を見下ろす。

f:id:hikashamk5:20150505221803j:plain

その天守から見た大垣駅方面。

f:id:hikashamk5:20150505221918j:plain

ちょっと画質が粗いのは網戸越しに撮ったから。

開けておくと鳩が入ってくるらしい。

確かに同じ高さを鳩めちゃくちゃ飛んでた(笑)

 

天守から降りて銅像と大垣城

f:id:hikashamk5:20150505221902j:plain

銅像は戸田氏鉄。

大垣藩初代藩主なんだが、生まれは地元二連木。

つまり豊橋と大垣は結構親密な関わりがあった。

地元の英雄がこうやって持て囃されると嬉しいもんだね。

 

そんなわけで犬山大垣の城を巡ってきましたよ。

 

最後に…。

大垣城で見つけたとあるポスター。

f:id:hikashamk5:20150505234849j:plain

大垣戦隊セイグンジャー…だと……

 

色々と空回りして負けそう 

 

中央と白装束は分かるけど他は誰なんですかねぇ…。

 

おわりっ。