読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

国宝犬山城を推すけど本当に推したいのは有楽苑

歴史 城巡り

どうも、こんばんは。

 

GW4日間を遊びまくり、現在自宅で死んだ目をしながらボケーッとしとります。

気が付いたら爆睡してた、眠かったし。

 

と言うことでですね、行って来た所を徐々に紹介していくぞぃ。

 

5月2日(土) AM8:00

自宅発。

荷物は最小限にしてリュックサック1つで家を出る。

駅まで親に車で送ってもらい、名鉄東岡崎まで行く。

 

5月2日(土) AM9:30

東岡崎駅着。

そこから歩いて岡崎城へ向かう。

今回の目的は岡崎城ではないのでサラッと済ます気満々。

岡崎城天守に行き、日本100名城スタンプ2つ目をゲット。

ちなみに岡崎城巡りはこの前やったので今回は華麗にスルー。

 

hikashamk5.hatenablog.com

 

5月2日(土) AM11:00

東岡崎から名鉄に乗って犬山遊園まで。

犬山遊園を降りて犬山城へ向かう。

 

ワイ「そういえば犬山もう一個国宝あるやん!」

 

と言うわけでそのもう一つの国宝へ。

f:id:hikashamk5:20150505203600j:plain

たどり着いたぜ、有楽苑。

織田有楽斎によって建造された茶室をここ犬山に移築してきたらしい。ー日本庭園・有楽苑(うらくえん) | 国宝茶室・如庵(じょあん) | 公式サイト

すっげー楽しみになってきた!!!テンション上がってきた!!!

 

受付「入苑料1000円で、犬山城と共通は1300円です。」

 

えっ、1000円って何それは。

いやでもそんなことでへこたれてはいけない、と1000円出して入苑。

 

重要文化財の旧正伝院書院。

f:id:hikashamk5:20150505204552j:plain

正直な話をしていい?あんまり通ぶるとにわかがバレるからね。

 

確かに魅力はあるけど、言葉で伝えれない

 

ブログ書いてるのに言葉で伝えれないとかもうね、酷いとしか言いようが無いけど。

でもね、見に行きゃ分かると思う。

 

この石、ただの石だと思うじゃん?

f:id:hikashamk5:20150505204927j:plain

コレが関守石(せきもりいし)。

コレがおいてあると「立入禁止」を表すらしい、たかが石なのに効力すごE。

あるものを利用していくのスタンスいいね。

 

そして国宝の如庵。

f:id:hikashamk5:20150505205502j:plain

f:id:hikashamk5:20150505205908j:plain

f:id:hikashamk5:20150505205932j:plain

f:id:hikashamk5:20150505210050j:plain

内部は立入禁止だけども、開いている窓から内部が見れる。

残念ながら写真撮影は禁止だったので目に焼き付けてきた。

そして入り口はやはり小さい。

 

釜山海とか言う石。

f:id:hikashamk5:20150505210200j:plain

確かに他の石とは形が違う。

加藤清正朝鮮出兵からの帰国時に持ってきたらしい。

サンキューちょっちゅね。

 

如庵は撮影禁止だったので、隣にある元庵の内部。

f:id:hikashamk5:20150505210343j:plain

三畳の奥にまた一つ床を設けると言うシステム。

で少しだけ色が違うところでお茶を点てるらしい。

 

以上が有楽苑。

写真パーッと載せただけなんだけど、実は一番テンションが上がってた。

 

と言うわけで犬山城へと続きます。

 

おわりっ。