みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

社会人になって1ヶ月が経って思うこと

どうも、こんばんは。

 

4月30日、ついに自分が社会人になって1ヶ月経ってしまった。

1ヶ月経ってしまったとか書いたんだけど、その企業ずっと働くかどうかは別として、今後約40年社会人として働くと言うことを考えると、たかが1ヶ月なんだよなぁ…。

1ヶ月経って思ったことを色々と書いてみたいと思う。

 

1.覚えることが尋常じゃなく多い

業種が事務職なので、とにかくパソコンとエンドレスで格闘。

出勤してまずパソコンを起動、当たり前かもしれないですけど。

会社が最近デジタルに対応し始めるぐらいのアナログ会社(自称してるぐらい)なので、Windowsのパソコンで、Microsoft OfficeExcelを開かない日は無い。

中高大とWindowsのパソコン使ったけど、全くもって実践的なことを勉強講義で教えてもらってない。

例えば、欲しいデータだけを抽出してデータ変換してそれを別シートへ移して印刷。

文章に書くとたった1行で済むような作業を全く持って教えてもらってない。

Excelだけで覚えることが多いのに、それ以前の部分(社会人としてのマナー)や電話対応など、とにかく覚えることが多すぎる。

1ヶ月経ったけど、上司が言うには業務的にはたかが12分の1らしい(毎月やることが同じものもあれば、月によって変わるものがあるので)。

 

そういえば部長が先日サラッと

 

「そのうち違う部署の作業もやってもらうから。」

 

とか言ってた。

 

f:id:hikashamk5:20150427224043g:plain

 

こんな事をしながら聞いてないふりをしておいたよ。アイスは流石に食べてない。

完全に出来ない新人だね。

 

 

2.出勤退勤の行動に戸惑う

なぜか俺だけ出勤時間が他の人に比べて1時間遅い。

それは別に特別待遇しているわけじゃなくて、本来の勤務時間が8:00~17:00ではなくて9:00~18:00だからという理由。

本社勤務の俺以外の人は全員8時から出社しているので、毎回扉を開けるたびに「俺だけ遅い…ッ!」と思ってしまう。正しいことしてるんだけどさ。

でね、「上司はほとんど17時までだから帰りは自分が残業がなければ、のんびり帰れる!」とか思ったんだわ。

 

上司達、全員当たり前のように残業してやんの。

 

俺が一番最初に退勤するんだよねー。

一応ね、何も問題ないんだよ?

たださ、一番遅く出勤して一番早く退勤する、ってのがね。正しいことしてるんだけどさ。

日本人の考えとしてはさ「なんか申し訳ない」とか思っちゃうわけですよね。正しいことしてるんだけどさ。

だから一応ね18:00退勤だけど18:05ぐらいに帰ります。正しいことしてるんだけどなぁ。

残業が正しいとか言う日本人の考え早く消えちまえ。

 

f:id:hikashamk5:20150427225712j:plain

 

3.指示待ち人間だと困るとか言うけど、無理に決まってる

「指示を待ってるような社会人になるな」なんていうけどさ、

 

新人にそれを押し付けてこられても…

 

って思うんですよね。

そういう点では上司は「指示されたことが終わったらとりあえず呼んでください。」と言ってくれるわけで。

当たり前だけど、指示されたことは確実に頑張って終わらせてます。

「百聞は一見にしかずなので、まずは説明しますけど、一度自分でやってみて分からないところはその都度聞いて訂正していけばいいです。」とも言ってくれた。

だから作業的には2倍の時間がかかっているけど、その分自分なりにまとめて自分なりの作業書を作ることが出来るから本当に良かった。

そのうち自分なりの指示を与えられなくてもいけそうな感じはする。

まだ指示待ち人間だけど、俺別にそれが悪いことだと思ってないです^^

 

4.指示されたことは分からない事を何度も聞いてでもやり遂げてみる

新人の特権はとにかく「分からない」という事を素直に聞くことが出来るところだと思ってる。

もちろんただ単に「ここが分かりません」と投げるような質問をするんじゃなくて「ここをこういう風にしようと思った(orした)んですけど、詰まっちゃって…」見たいな感じの質問をするべきだと思う。

そういう風にしてとにかく仕事の流れを把握することが大切なんじゃいかなーって。

あと、この指示されたことは必ず優先順位や締め切りを確認することにしてる。

今は新人だから大事な書類が回ってきたり、大事な仕事が来ることは滅多に無いけど(1度だけ回ってきた)、締切日だけは必ず聞いてるようにしてる。

 

5.「えっ?」って思う事言われてもイチイチ気にしてるの面倒

それは数日前のことだった。

 

ぼく「~~~。はい、失礼します。(電話対応ガチャー)」

隣の席の直属の上司「相手先はなんて言ってましたか?」

ぼく「えっと、○○は~…。」

近くにいた部長「おい!」

部長がちょっと怖いぼく「ヒッ、はっ、はひっ!」

部長「相手先を言うときはいくら身内に対してでもちゃんと敬称を付けろ。」

ぼく「あっ、はっ、はい。」(確かにそれはそうだな。)

部長「で、○○はなんて言ってたんだ!」

ぼく「えっ」

上司「えっ」

部長「えっ」

 

敬称どこいった~~~???

 

 

なんて部長には言えず、「そうですね、すみません。」と流しておいた。

そういうことがあったんだけど、まぁ確かに敬称は忘れないようにしようと思ったこの注意。

それ以外にもさ、直接的に怒られたことは無いんだけど、周囲で怒られてるの聞いてると「えっ、それで怒るの?」って感じの罵声が聞こえたりする。

嘘でしょ?

 

そういうことがあるけど、実際のところその場で反省してオシマイにしないと次の作業が進まない。

正直なところ、自他共に認めるガラスのハートなので、少し怒られるとしょげるんだけど、新人はしょげる暇すら与えてくれないので、その時に「あー、うん。」って思っても少し時間を置いたら切り替える能力をつけないとマジで追いつかない。

凹んでたんで今日の作業は捗りませんでした、なんて言い訳が通用するはずないし。

 

6.声に出している、いわゆる「独り言」が増えた

少しでも忘れない為に付箋と独り言が増えた。

付箋に関しては忘れないように書いてるんだけど、独り言が増えたんだけど。

完全に周囲から見れば「変人」だけど、声に出すことが忘れないことだと思ってるし、迷惑にならない程度に呪文のようにつぶやいてます。

そのうち治すよ、そのうちは。

 

7.なんだかんだ自分の時間が増えた

それこそまだ新人として残業が無い状態で生活しているのもあるんだけど、とにかく自分の時間が増えた。

学生の頃は朝起きてすぐにバイトに行って、夜帰ってきて風呂入って寝る、見たいな生活だったのに、今は夕方(18時)には帰れるからね。

そう思うと帰ってからブログ書いたり、本読んだり、旅行の計画立てたりしてる。

勿論調子に乗って夜更かしなんてできないけどね。

 

まぁ今唐突に考えてこれぐらいかなぁ、と。

仕事楽しいかって上司に言われたら「楽しいです!」って答えるしかないけど、正直なところコレがあと40年も続くのかと思うとただただ苦痛でしかない。

ホンマに学生の頃に戻りたいと言う気持ちに駆られる。もう一度大学生からやり直したい。早く誰かドラえもんを作るんだ。

 

終わりに…

自分が社会人になるなんて数年前の自分は想像もつかなかった。

今就活している人を含めた、将来事務職を目指す諸君。

 

とにかくMicrosoft Officeの最低限の操作方法を学んでおいた方がいい。

 

それから社会人の先輩方へ。

 

どうか新人が近くにいる時だけは、(その子がターゲットじゃなくても)怒鳴り声を上げないでください。

 

まるで自分が怒られているような錯覚に陥る。

まぁ俺だけなのかもしれないけど、結構職場でピリピリしてるのは新人君だと思う。

とにかく今は職場になれる事を考えて日々生活中。

 

GWを満喫しよう…。

 

おわりっ。