読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

元意識高い系社会人が今の意識高い系に伝えたい事

どうも、こんばんは。

 

まぁ今日の話題は、タイトル通り。

何事も無かったかのようにブログを毎日更新してるけど、4月から社会人になったよ!

仕事のことに関して書こうと思ったけど、正直なところ1週間じゃ何も書けません!笑

 

そんなわけで、逆に大学生と言う立場から社会人という立場になって、今の大学生に是非とも言っておきたいことをダラダラと述べてみたいと思う。

 

特に文系男子大学生が事務職に就きたいと思っているなら是非読んでほしい。

 

1.自己啓発本なんて社会にほとんど通用しない

過去の記事で必死こいて自己啓発本のことを話したこのブログ。

 

hikashamk5.hatenablog.com

hikashamk5.hatenablog.com

 

社会に出たらこんなのほっとんど通用しねぇわ!

 

俺自身ね、意識高い系の記事はすっげー自信を持って書いてた。

けどね、社会人になってこの考え結構即座にへし折られた。

 

こんな事を考えれるのは、社会に出て数年後の、自分にある程度の余裕が出来た時。

 

入って即座に「俺はこの会社に入って、この会社を変える!」とか思ってるなら、その気持ちを前面には出さずに、まずは会社の雰囲気を見てから、物事を言って考えるべきである。

まずは会社が「過去の社の伝統を崩さない」保守型企業なのか、「イノベーションを起こしたい」革新型企業なのかを内部からきちんと見ることが大切。

 

とにかく最初は上司の指示を自分の頭で理解しながら作業する事に徹底するべき。

 

ただ指示されたことを適当に済ませるだけだと、同じ事やって、って言われても分からないと思うし、ちゃんと理解してから。

それに関しては学校の授業でも当てはまることかもしれないけど。

 

2.使えるものはとにかく徹底して使え

学生から社会人になって一番大きなのはカンニングすることも覚えることの手段の一つだと改めて痛感した。

「あ、この方法いいな!」と思ったら自分なりにちょっと変えて取り込んでしまえばいいのだ。

ただ、それを露骨にやりすぎるのはよくないけどね。

 

そういう人を盗み見る『使える』がある一方で、物に対する『使える』もある。

 

例えば既に会社の自分の机にある引き出しなどは最大限使う。

もちろん「どこに何がある」と言うのを把握する必要もあるけども。

それから会社で受注できる事務用品は積極的に取り入れる。

 

3.分からないことは分からないままにしない

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

という言葉は本当によく出来た言葉だなぁ、と社会人になって感服した。

 

それが聞くという方法もあるし、現代ではインターネットがあるんだから検索してみたりしてもいい。

と言うか俺の上司が「インターネットで検索して調べて全然いいですよ」って感じの寛容な人なのでホントにありがてぇ。

 

4.事務職に就きたいなら、ワードエクセルはそれなりに知識入れる

多分俺が一番声を大にして言いたいポイント。

ワードに関しては、過去のバイトの関係もあって、結構頻繁に使うことがあったんだけども、エクセルに関してはほぼノータッチで社会人になった。

 

その結果、現在悲惨な目にあってる。

 

別にエクセルのマクロを覚えろなんて言ってないし、上司もそんなこと言ってない。

ただ、例えば『ショートカットキー』であったり『最低限の表計算式』であったり『セルのコピー削除』とかは覚えておかないと、人によっては

「君大学卒業してるんだよね?」

って言われます。

 

ちなみにボクはそれを間接的に言われたので、

「大学はそういうことを教えてくれませんでした!」

とまるで答えになってない答えを返して、一から教わってます。

ホント優しい上司でよかったわ。

 

ショートカットキーに関しては、このブログで分かりやすく便利なショートカットキーをまとめてくれているので参照にしていただければ。

 

www.usamofu.com

 

自己啓発本一冊読んでるぐらいなら、多分ショートカットキー覚えるほうが(会社にも寄るけど)社会的には通用すると思う。

 

5.『新卒』と言うカードはどの資格よりも最強の切り札

海馬で言うブルーアイズホワイトドラゴン、遊戯で言うブラックマジシャンレベルだと思ってくれればいい。一応、城之内のレッドアイズブラックドラゴンも。

 

f:id:hikashamk5:20150411004536j:plain

 

正直なところそれを抜いても、組み替えればデッキとしては成り立つし、場合によっては強くなるかもしれない。

ただ、「この人といえばコレ!」と言う代表的なものになるのは間違いない。

 

もし「とりあえず卒業だけしよう」とか思ってるならマジでやめとけ。

それなら「自分探しの旅に出たいため」とかいったほうがまだかっこよく聞こえるからそう言っとけ。

 

まとめ

結局のところ、環境が変われば最初の頃は誰だって緊張して疲れが溜まる。

小学校から中学校、中学校から高校、高校から大学、と考えてみれば最初から「ウェーーーイwwwwwww」なんてできただろうか?

…出来てなかったのは俺だけか。

 

もう少し慣れたら考え方が変わるかもしれないけど、とりあえず入社10日で思ったことを自分なりに書いてみましたとさ。

 

こんな写真を作っていた頃が懐かしい。

 

f:id:hikashamk5:20150411004603p:plain

 

こんなバカみたいなことをしていた日はもう戻ってこないんだね…(遠い目)

 

おわりっ。