みゅひゃぁ

古田織部正重然に魅了され、『へうげもの』を目指す流浪者によるうぇぶろぐ。日々の雑記やプロ野球についてを、時折22時30分更新するで候。

王道だがやはり桜は春の風物詩

今週のお題特別編「春を感じるとき」
〈春のブログキャンペーン 第1週〉

 

今週のお題の為だけに、この記事を更新するでござる。

 

日本人は桜が好きだよね。

豊臣秀吉醍醐寺で開いた醍醐の花見なんかもあったわけだし。

『桜は日本の国花だ!』なんていう人も要るけど、日本の国花は正式には無いらしい。

代表される花として、菊と桜が挙げられているとのこと。

 

とはいえ、日本人大好きな桜なので、あちこちに植えてあるよね。

俺いつも思うんだけど、確かに桜の名所みたいなのはあるけど、それこそあちこちに植えてあるんだから、無理して名所に行く必要性は無いと思うんだわ。

『落ち着いて花が見たいから花見に行きたいのに、名所に行ったら混んでました。』

ってそれもう本末転倒だと思うんだよね。

だから俺自身そんなに無理して名所には行かずに、近くの桜で満足しちゃってます。

 

コレが我が家から一番近い桜の木。

f:id:hikashamk5:20150405102649j:plain

ガキの頃は春にここに友達と集まって、木に登ってました(笑)

超小さな公園なんだけど、改めてこの桜の木を見た気がする。

f:id:hikashamk5:20150405102858j:plain

桜の花って、8割咲くと『満開』として扱われるんだって。

10割咲くことは無いらしい。

確かに上の写真を見てもらえば分かるけど、10割咲いてたら多分木の枝は見えないんだと思う。

 

今日は雨。

もう散っちゃうのかね。

 

おわりっ。